高気密高断熱住宅をウレタン断熱パネルで建築する大阪の住宅メーカー

マクロホーム大阪

高気密高断熱しか作らないマクロホームの家づくり 断熱編

透水性の少ない ウレタン断熱材を採用
平成25年に建物の省エネ基準が14年ぶりに新しく変わり2020年に施工予定でした。

しかし多くの施工会社でその基準に及ぶ建築物に対応が出来なく国土交通省は延期を発表

その25年基準とは・・・

省エネ基準値比較表

横軸 : 1北海道東部 2札幌 3秋田 4新潟 5石川 6大阪など近畿 7鹿児島 8沖縄 8つの地域

縦軸 : 25年基準  ZEH基準  HEAT20 G1基準 HEAT20 G2基準  4つの断熱レベル基準

太陽光とセットで受けられる補助金の代名詞と言えるゼロエネルギー住宅仕様(経済産業省)基準では
大阪でUA値 0.6程度でクリア出来ます。(多くのハウスメーカーの断熱基準)
■ 気密性と断熱に関わる数値として・・・

上記の表は断熱数値UA値0.45の建物Bが建物Bが数値で劣るUA値0.56の建物でも気密数C値2とC値0.5と逆にAの建物の方が良ければ・・・

熱損失が逆転します。つまり断熱レベルがそこそこでも気密性が優っている住宅の方が性能が良い場合もあるのです。

このように高気密 高断熱住宅 どちらか一方だけでなく両方に配慮が必要なのです。

冷蔵庫の断熱がしっかりしていても 隙間が空いていれば冷気は逃げ出すのと同じ原理なのです。

■ 断熱性能と冷暖房費の比較表

25年基準からハウスメーカー推奨のZEH基準では年間3.2万円

マクロホーム標準のHEAT20 G2基準では 年間7.6万円の節約となります。

HEAT20 G2と ZEHで月々3,667円違います。現在の金利で言えば 光熱費の違いで

返済期間35年として ZEH基準の家より 100万円以上も多く借入出来るようになります。

100万円あれば キッチンやUB 床材などお好きな建材をグレードUP出来ますよね。(^^)

断熱材は日本国内だけでも何十種類も流通しており販売しているメーカーは各々正当性を訴えます。

それでは建築素人のお客様も迷って当然です。(^^;)

マクロホームが採用する断熱材はウレタン断熱材です。

ウレタンとは 密度の違いはありますがクッションなど身近な素材にも使われます。

何十年も長らく大手ハウスメーカー注文住宅1位を堅持して来た セキスイハウスを抜いて

1位となったハウスメーカーは高気密高断熱の性能NO1である 一条工務店さん。

その 一条工務店さんが採用されている断熱材も硬質ウレタンパネルなんです。

https://www.ichijo.co.jp/technology/element/insulation/

家の耐久性で最も怖いのは壁内結露 それを物理的に防ぐ硬質ウレタンパネルを弊社も採用しています。
マクロホームが使っている断熱材は全てウレタン素材の断熱材です。
ウレタンは吸水性がほとんど無いので壁内結露を防いでくれます。
断熱性能以外にも いつまでも暖かさが続いて欲しいと 耐久性も考えて選んでいます。
A・B・Cの断熱材は ほぼ吸水性がありません。
Dの断熱材は、ウレタンでも多少湿気を通してしまいますので2020年より C(硬質の吹付ウレタン)を採用しお勧めしております。

A FPパネル(熱伝導率0.024)

販売30年で全国47,000棟の実績がある国内最高ランクの断熱及び気密性能を誇る『FPの家』

床・壁・屋根(天井)面は全て105ミリの高性能な硬質ウレタンパネルを採用しております。

  • 詳しくはクリック


  • 詳しくはクリック


  • FP会員:青山建設様
    詳しくはクリック
  • UA値0.41
  • UA値0.35
    真空トリプルガラスの場合

B FPコーポレーション『ラクティパネル』(熱伝導率0.024)

FPパネルから耐震に効く木枠を外し厚みを抑え長期優良住宅の断熱性をクリアしたパネル

もちろん吸水性もなく施工性も良いので断熱材としてはコスパ最高級の優れものです。

  • 詳しくはクリック

  • 詳しくはクリック
  • UA値0.41
  • UA値0.35
    真空トリプルガラスの場合
A・B共に硬質ウレタン断熱パネルを採用しています。

硬質ウレタンパネルは工場で製作し30トンもの圧力を一枚一枚掛ける手間の掛けようです。

そうする事によりウレタン内の気泡が独立し、水分をほぼ通さない断熱材となります。

ですからFPグループ正会員の扱う事の出来るFPの家では無結露50年保証が可能なのです。
Bのラクティも同じ原料が同じで製作メーカーも同じFPコーポレーションが作ったパネルです。

違いは木枠の有無ですが、厚みも素材も同じ事から 断熱性は同じです。
FPパネルよりコストが抑えられるので最近はコチラの方を採用される方が多いです。
2019年より こちらでも気密測定を開始しておりますが、C値0.5を切る数字も出ていますのでFPパネルと遜色ないかも知れません。
(無結露保証は付きません。)

C (硬質)ウレタン断熱 30倍発泡

現場で直接ウレタン発泡剤を壁や屋根に吹付けるタイプです。

発泡の割合で通常ポピュラーなタイプは100倍発泡ですが発泡率を30倍に抑えたタイプとなります。

熱伝導率が100倍発泡に比べて1.5倍と断熱性がUPします。

更に透水性もほとんどないので壁内結露が起こりません。

内部の気泡が独立しているA・Bのウレタンパネルと同性能です。
  • UA値0.42
  • UA値0.37
    真空トリプルガラスの場合

D (軟質)ウレタン断熱 100倍発泡

現場で直接ウレタン発泡剤を壁や屋根に吹付ける最近ポピュラーなタイプです。

気密性はパネル工法より上と聞くことがありますが、数字は残念ながらそれほどでもありません。

弊社では建売住宅や企画商品で使用してきましたが、透水率が硬質ウレタンより高いので2020年より Cの硬質のウレタン断熱発泡タイプに順次切り替えしております。
  • UA値0.55
  • UA値0.52
    天井160ミリの場合
(あとがき)
グラスウールでも厚みを増やせば同じ断熱数値(UA値)が出せます。

しかし、壁の厚みには限界があるのでウレタン断熱ほどの断熱性能は期待できません。

グラスウールは吸水性が高い為 水を含むと壁内結露を起こしかねません。

それを防ぐために気密処理は気密シートを室内に貼って施工する事になるのですが

水に強い性質を持つ断熱材のウレタンにはその必要がありません。

それでいて気密性能も高いのですから まさに最強の断熱材なのかも?知れませんね。

気密シートは繰り返し地震の際にビニールシートが破れるなんて事もあるみたいですよ(?)

ウレタン断熱材のデメリットは高価な点が挙げられますが そこは他社さんと比べてみて下さい。

グラスウールを使った家と同じ価格なら 断然ウレタン断熱を採用している工務店で建てた方がお得です。

断熱材の種類と熱伝導率の表












断熱材区分 熱伝導率
[W/(m・K)]
断熱材の種類の例
A-1 0.052~0.051 ・吹込み用グラスウール(施工密度 13K、18K)
・タタミボード(15mm)
・A 級インシュレーションボード(9mm)
・シージングボード(9mm)
A-2 0.050~0.046 ・住宅用グラスウール断熱材 10K 相当
・吹込み用ロックウール断熱材 25K
B 0.045~0.041 ・住宅用グラスウール断熱材 16K 相当(一般的なグラスウール)
・住宅用グラスウール断熱材 20K 相当
・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板 4 号
・A 種ポリスチレンフォーム保温板 1 種 1 号
・A 種ポリスチレンフォーム保温板 1 種 2 号
C 0.040~0.035 ・住宅用グラスウール断熱材 24K 相当
・住宅用グラスウール断熱材 32K 相当
・高性能グラスウール断熱材 16K 相当(高性能なグラスウール)
・高性能グラスウール断熱材 24K 相当
・高性能グラスウール断熱材 32K 相当
・吹込用グラスウール断熱材 30K、35K 相当
・住宅用ロックウール断熱材(マット)
・ロックウール断熱材(フェルト)
・ロックウール断熱材(ボード)
・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板 1 号
・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板 2 号
・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板 3 号
・A 種押出法ポリスチレンフォーム保温板 1 種
・建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム A 種 3
・A 種ポリエチレンフォーム保温板 2 種
・A 種フェノールフォーム保温板 2 種 1 号
・A 種フェノールフォーム保温板 3 種 1 号
・A 種フェノールフォーム保温板 3 種 2 号
・吹込用セルローズファイバー 25K(セルロースファイバー)
・吹込用セルローズファイバー 45K、55K
・吹込用ロックウール断熱材 65K 相当
D 0.034~0.029 ・高性能グラスウール断熱材 40K 相当
・高性能グラスウール断熱材 48K 相当
・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板特号
・A 種押出法ポリスチレンフォーム保温板 2 種
・A 種硬質ウレタンフォーム保温板 1 種
・建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム A 種 1
・建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム A 種 2
・A 種ポリエチレンフォーム保温板 3 種
・A 種フェノールフォーム保温板 2 種 2 号
E 0.028~0.023 ・A 種押出法ポリスチレンフォーム保温板 3 種
・A 種硬質ウレタンフォーム保温板 2 種 1 号
・A 種硬質ウレタンフォーム保温板 2 種 2 号(FPの家の断熱材*厚み105ミリ)
・A 種硬質ウレタンフォーム保温板 2 種 3 号
・A 種硬質ウレタンフォーム保温板 2 種 4 号
・A 種フェノールフォーム保温板 2 種 3 号
F 0.022 以下 ・A 種フェノールフォーム保温板 1 種 1 号
・A 種フェノールフォーム保温板 1 種 2 号