高気密断熱住宅 樹脂サッシを採用 ウレタンパネルで壁内結露なし【マクロホーム大阪】

マクロホーム大阪

マクロホームの家は開口部にも断熱性・気密性を求めています。

高気密高断熱住宅はなんといっても断熱材選び(性能と厚み)と気密性を高める丁寧な施工に尽きます。

しかし一番の弱点は開口部(窓・玄関ドア)なんです。

どれだけウレタン100ミリを壁に入れても窓は3ミリ程度のガラス2枚だけ

しかもアルミサッシの熱伝導率はガラスの236倍 木材の1180倍も熱を伝えます。

断熱材で使われる発泡ポリスチレンと比べると7866倍ですから・・・

断熱材だけでなく開口部の仕様も確認してくださいね。

開口部(窓・玄関ドア)

弊社の採用しているサッシは 樹脂サッシと呼ばれるものでアルミサッシに比べて熱伝導率が1000分の1と

優れた断熱性によって、夏の暑さや冬の寒さが室内に伝わらないので結露を防ぎ、快適で健康的な住まいとなります。

また、樹脂サッシは防露性、遮音性、気密性にも優れ、窓について様々な悩みを解決してくれるのです。

寒さの厳しい北海道の新築での普及率は100%で関西でも採用率が上がってきています。
(関西も冬は寒いし夏は暑いですから・・・)

弊社ではYKKAP又はエクセルシャノン製の樹脂サッシを採用しております。

  • 詳しくはクリック

マクロホームの開口部 サッシ編

真空トリプルガラス仕様
断熱性と可視光透過率のベストバランスを考えた真空トリプルガラス。明るく、眺めのよい窓辺を演出します。

2022年1月より トリプルガラスを標準採用
(それまでは2階のみ)

従来のペアガラスに比べ 断熱性能 3割UP
ペアガラスの場合の熱貫流率(樹脂スペーサー)
【樹脂スペーサー仕様】
たてすべり出し窓 + FIX連窓
[16513サイズ]
Low-E複層ガラス
ブルー・アルゴンガス入
※窓の熱貫流率(JIS A 4710:2015に準じた試験値)
ペアガラスの場合の熱貫流率(アルミスペーサー)
【【アルミスペーサー仕様】
たてすべり出し窓 + FIX連窓
[16513サイズ]
Low-E複層ガラス
ブルー・アルゴンガス入
※窓の熱貫流率(JIS A 4710:2015に準じた試験値)

こだわりを追求されるお客様には・・・
目の前に広がる景色と、心地良い大開口空間。
大開口による眺望性と採光性で、新たなリビング空間をご提供するスライディング窓です。
高い断熱性能、こだわりの意匠性も備えています。


マクロホームの開口部 玄関ドア編

業界トップクラスの断熱性を実現した、住まいを快適にする玄関ドア。
断熱性、意匠性、使い心地。
すべてにおいてハイクオリティをめざして誕生した高断熱玄関ドア。
上質素材にこだわり最上クラスの断熱性を誇るD70と豊富なデザイン・バリエーションのD50の2タイプをご用意しています。

(弊社 従来品)

高断熱玄関ドア YKKAP イノベスト採用

弊社仕様変更に伴い 玄関ドアを従来標準仕様であった D30 K2仕様よりも

更に高い断熱性能のドアを標準採用とする事になりました。

弊社の課題でもあった玄関ドアの熱貫流率 2.33と言えばサッシではアルミ樹脂複合サッシの数値でしかなく

他の窓が樹脂サッシの熱貫流率0.99からすると見劣る数値でした。

その上の玄関ドアは高額となるため弊社も採用を見送っておりましたが、今回新しく採用の運びとなりました。

YKKAP イノベストD50仕様となり 従来の熱貫流率2.33→0.95に大幅にランクUPを実現しました。

断熱ドア単体ですが 約2.5倍の断熱性能となります。

窓の種類による気密数値の違い

 
気密性の悪い窓は引き違いや上げ下げ窓など勝手口の通風窓なども製品の隙間が大きいです。

窓の形状次第で気密数値が結構変わります。

しかし こればかりは現場でどうする事も出来ないので採用の場合は注意が必要です。

※知識のない営業マンは悪気なく引き違い窓を勧めて
来ますのでご注意下さい。
   
滑り出し窓やテラスドアなどしっかりハンドルで締めるタイプの物が気密性能が良い窓です。

窓の大きさ・取付高さや網戸の形状、ガラスの種類と色々検討事項が窓にはあります。

建物の性能に関わってきますのでしっかり聞いて選んでください。

よくある質問

高気密高断熱住宅はエアコンを使わなければ夏場に非常に暑くなるんですか?

断熱材を良くした部分は断熱効果が一般住宅より高まっているので外の熱をなかに入れない点では優れています。

高気密高断熱の特徴は保温性が高いという点で室温を涼しくすれば涼しさが持続し暖めれば暖かいままなんです。

ですから夏場に日射を取り込んで部屋を暖めてしまうと暖かいまま(薄い断熱材の熱いとは違います。)と言う事になるわけで

エアコンを使わない4月5月10月11月などは窓を開け放して風通しを良くする生活は今までと変わりないのです。

ですから夏は熱がこもらない低断熱の家がいいなんて言う住宅会社や設計士には騙されないように注意して下さい。

そして真夏や真冬の外気温が厳しい時は窓を締め切って高気密高断熱住宅の能力をいかんなく発揮してください。

低い断熱材の家では真夏や真冬ほど外気温にさらされて我慢を強いられる辛い生活となってしまいます。

また、弊社は高断熱以外にも夏の日射対策として遮熱施工を行っています。

そういう意味でも窓の設置位置や大きさそしてLOW-Eガラスの採用は重要です。設計時に考慮して下さい。

社長のつぶやき

高温多湿の大阪府や兵庫県は長野県の山あい地域でないので湿度がすごいです。

高気密高断熱とか関係なく蒸し暑いですよね。一般住宅は熱がこもらないので大丈夫?そんな事はありません。

特に2階の屋根や天井の断熱材が重要で断熱材がない家は悲惨な暑さ(熱さ)になることでしょう。

反対に高気密高断熱の家はそんな極端な温度にはなりません。涼しいと感じるのは温度だけでなく湿度が原因です。

室温が25度で相対湿度が70RH%だと不快ですが温度28度で湿度が50RH%だと快適なんです。

さすがに湿度を抑えるにはエアコンなしでは絶対無理です。

ちなみにエアコンの冷気が苦手といっておられる方は低温高湿が不快と言っているだけで

高温低湿は皆さん快適と感じるはずです。どうせエアコンを使わないといけないなら

高気密高断熱住宅にしないとエネルギーロス(電気代)がかさむのです。