高気密断熱住宅の気密C値0.5以下を実現する大阪の住宅メーカー

マクロホーム大阪

気密こだわり宣言

マクロホームは高気密高断熱専門店

高気密高断熱住宅と言えば壁の中に隠れている断熱材の事ばかりがクローズUPされますが

その断熱と双璧をなす気密性について触れているハウスメーカーは少ないのをご存知ですか?

いくら断熱性が良くても気密性が悪ければ意味がありません。

高気密・高断熱と言ってもピンキリです。


住宅の隙間は、床1㎡当たりの相当隙間面積(C値)で表されます。
気密性を配慮していない一般の住宅では、9~10c㎡程度と言われ、次世代省エネルギー基準でも5c㎡以下であれば高気密としています。
「FPの家」では2c㎡以下を保証。
平均C値は0.55c㎡という数値までになっています。同じ高気密と言っても隙間の量は、実に10倍もの違いがあるのです。

なぜ隙間を埋めるのですか?

いくら高性能な断熱材を使っても隙間だらけの家ではまったく意味がありません。例えば、冷蔵庫のドアに付いているゴムパッキンがとれてしまったらどうでしょう?中の冷気が外に逃げてしまいます。
断熱保温性の高い魔法瓶も、穴が空いていると熱いお湯がこぼれ出てしまい全く意味がありません。
住宅においても、隙間風やほこりの侵入を防ぐだけでなく、熱の流出や侵入を布石、快適で健康的な環境と省エネルギーを実現します。

また、高い断熱性能と気密性能は対を成すことで、計画的な換気を可能とするのです。

高気密の理由

相当隙間面積は、実測平均値で0.50c㎡/㎡以下。 気密精度の維持を徹底。
「FPの家」は全棟気密測定後にお引き渡しをしています。その実測平均値は0.50c㎡/㎡以下ですが、1c㎡/㎡以下を基準としています。これは平成11年度省エネルギー基準で定められた北海道、東北地域(Ⅰ・Ⅱ地域)の数値である2c㎡/㎡の1/2という厳しい数値で、万一1c㎡/㎡を超えた場合は施工のやり直しを行うなど、気密精度の維持を徹底しています。

実測平均値は0.50c㎡/㎡以下 「FPの家」はC値1c㎡/㎡以下を基準にしています。全棟気密測定後にお引き渡ししています。

C値(相当隙間面積)とは

住宅全体の気密性能をあらわす値のこと。延床面積あたりにどれだけの隙間面積があるかを示し、
ゼロに近いほどすき間が少なく、気密性能が高いことを表します。

気密性が悪いと・・・隙間から熱もお金も逃げていきます。

冷蔵庫の扉を開けていたら冷気が逃げて行くように

気密性が悪いと窓や玄関ドアを開けていなくても同じ事になります。

H11省エネ基準の気密数値C値5 高気密の最低レベルC値1 FPの家平均C値0.5

熱が逃げることで損失する電気代としてC値5では年間 81,596円

そしてC値1で年間 15,873円、FPの家平均のC値0.5では年間 5,465円

いかに気密性が断熱性と並んで重要な事かお分かり頂けたでしょうか?

さらに 気密性について・・・

上記の表は断熱数値UA値0.45の建物Bが数値で劣るUA値0.56の建物でも

気密数C値2とC値0.5と逆にAの建物の方が良ければ・・・

熱損失が逆転します。つまり断熱レベルがそこそこでも気密性が優っている住宅の方が

性能が良い場合もあるのです。


家全体の隙間の量がわかるC値(隙間相当面積)

では今検討しているハウスメーカーのC値がいくらなのか?

勿論カタログに載っている数値はあなたの家のものではなく東京などに有る実験棟で建てた家のもの

でもまだ私の家は建っていないしどうしたらいいのでしょう?

それはこれまで建設した気密数値のデータを見せて貰えばおおよそは予測が付きます。

高気密高断熱住宅を売りにしながら 気密測定をした事がないハウスメーカーも存在しますのでご注意ください。


大手ハウスメーカー時代は測定していなく トステム時代から現在まで含めると

15年間 色んな工務店さんの気密測定を見ていますが 大工さんの性格による所が大きいです。

きっちりしている性格や気密処理に慣れている大工さんは数値が良いです。

気密数値とはいかに隙間が少ないかの事で言い換えれば施工精度の問題でもあります。

・実際工事する職人さんの腕(技量) 気密工事に慣れているか?

・気密数値を上げるポイントを指示できる現場監督の指導力(力量)

・下請け工務店に発注している工務店なら その工務店の気密数値の実績

その中でも現場を預かる現場監督の指示で気密数値は良くも悪くもなるのです。

時間を割いて丁寧にすれば普段より数値はUPするものです。

そういう意味でも1棟毎に気密測定を行うとその監督や会社の気密工事レベルUPにつながります。

測定しない会社は私どもの工法はおおよそC値2程度です。と根拠のない営業トークでお茶を濁します。

そんな会社には必ずC値2以下を保証します。 と契約書に一文入れて貰って下さい。

弊社ならC値1以下でも問題なく保証させていただきます。

最後に・・・
C値0.5はFP加盟工務店の平均

マクロホームのこれまでの気密測定結果の一部(10件)をお知らせします。

数値を公表する事によりお客様への信頼とリスクを背負い真剣に精一杯施工させて頂くことを誓います。

気密数値を上げるのはいかに丁寧な施工をするかに掛かっています。

マクロホームは1現場に気密測定を2回行います。

ハウスメーカーの中には気密測定をしないで モデルハウス棟で実測した

数値だけ載せて おおよそこのくらいなんて会社も本当にあります。

弊社は気密処理完了時(中間時)で測定し 数値が悪ければ気密補修をして少しでも数値を上げる努力をします。

そして電気や設備工事が完了した後にもう一度測定して建物の気密結果とします。

気密測定にはルールがあります。 各々好き勝手に測定すると いい数字を出す事が出来ます。

建築環境・省エネルギー機構では 気密測定技能者の資格を有する者が従事している会社を

調べる事が出来ます。 ご自分の検討されている会社が 真面目に気密性能に取り組んでいる会社なのか?

ヒントになるかも知れませんね。(^^;) 気密測定機を持っていないと測定すら出来ませんけど・・・

都道府県別で会社名が出てきます。 全国1700社が登録 大阪府で82社 兵庫県で40社の登録があります。
意外と知られていない気密性UPのポイント

気密数値をUPさせるポイントとして断熱材選びや気密施工と同じくらい重要なアイテムがあるのをご存知ですか?

それは外気に面するサッシなんです。サッシ気密性能だけみると引き違い窓も縦滑り窓も同じ数値ですが、

実は3倍も気密性が違うのです。もちろん引き違い窓の方が隙間が大きいです。

どれだけ気密施工をしても引き違い窓がばかりだと数値が悪くなってしまいます。

あなたの家の計画には引き違い窓ばかりになっていませんか?
  • 縦滑り窓
  • 引き違い窓
  • ジャロジー
あと絶対使わないで欲しいのはジャロジーと呼ばれる窓

昔の家は浴室や洗面やキッチンなどにつけていましたが、ピッタリしまらないので隙間が大きく

冬は冷気が進入して足元が冷たくて困ると言われたお宅のほとんどがこの窓を採用しています。

いまだに建売住宅などに使われているのを見かけますが、寒くないのか他人事ですが心配になります。

サッシは一度取り付けたら交換するのは外壁をやり変えないといけないので本当に大変なんです。

高気密高断熱の家でなくてもこの窓は付けないようにしてくださいね。後で後悔しますよ。

FPの家では気密の数値の経年変化も公表しています。

建てたら終わりではないFPの家の気密性へのこだわり

建てた当初から3年・4年と少しずつ数値が落ちていっているのがわかります。

FPの家の気密の取り方はパネルと柱の隙間にテープで塞いだり

外壁貫通部分にウレタン注入を行い気密を取る方法ですが、経年変化で少しづつ

隙間が大きくなっているのがわかります。 良くなることはありえませんが

数値が極端に下がるようだと大問題ですよね。

他社さんにも一度確認する事をお勧めします。


最後に気密差に関してわかりやすい動画がアップされていましたので

お時間のある方はご覧になってください。