高気密高断熱 住宅 大阪 神戸

このページでは、当社の出来事や「家づくり」に関するお知らせ事項お得な情報や なんでもない日常の出来事 ぜ〜んぶまとめてUPします。
私の人柄や考え方にプライベートまで丸裸で発信します。
特にペットネタや映画ネタが好評みたいです。
毎日更新を目指していますが、たまに忙しくなると数日分まとめてUPしてしまいます。そこはご愛嬌(^^;)
弊社はハウスメーカーのような突然お客様の所に訪問したりする営業は致しません。
これまで建築頂いた方は、このHPを見てのお問い合わせとOB様のご紹介だけです。
ですから特にこれから家を建築する方へ向けて出来るだけ良い情報を発信したいと思います。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
エコ住宅 ブログランキング

ツイッター

ランキングに参加中です。更新の励みになりますのでワンクリックお願いします。
代表取締役 諸岡健二


キッチンカウンターの提案
11月11日




今回はキッチンカウンターについて

実は意外と難解なカウンターの高さなんですが・・・キッチンよりどれくらい高くすればいいのか?

.ッチンのカウンターつばのすぐ上から施工すると(写真1・2)

メリット キッチンとの一体感や椅子が少しでも低く出来る

デメリット シンクの水の跳ね返り。キッチン上が見えるので常に掃除が必要



▲ッチンとカウンターの高さを15センチ空ける場合

メリット シンクの水の跳ね返りがない。立ち上がり壁にコンセントや壁面に加工が出来る。キッチン上が見えないので掃除面が楽

デメリット ダイニング側の椅子が高くなる。解放感が少し損なわれる。

キッチン一体のカウンターの場合

ほぼ,離瓮螢奪函Ε妊瓮螢奪

と3パターン

皆さんはどの使い方がいいですか?

ちなみに我が家は△任后福亜亜

2011/11記事一覧

過去の記事



マクロホーム株式会社大阪