関西 遮熱 高気密高断熱

トップ >夏の日差し対策

高気密高断熱だけでは不十分・・・
関西の地域で高気密高断熱住宅を建築すると冬暖かく夏エアコンを掛ければ涼しい家となりますが
マクロホームは夏前後の気候も考えエアコンには早いかな?
と思う季節には積極的に風を取り入れた住まい方をご提案しております。

関西の地域で高気密高断熱住宅を建築する工務店として
遮熱の発想も組み込んだ暑さ対策を考慮した建物になっております。

住宅は「雨風をしのげれば」から発展し、今や冬、寒くない高気密・高断熱が当たり前になってきております。
しかしながら、同時にその弱点も明らかになってきました。
そこで注目されているのが、熱を反射する「遮熱」です
今の住宅は、熱の伝わりを遅らせる断熱性と、内外の空気の入れ替わりを抑える気密性が高く、快適です。
それでも真夏になると、壁や屋根がだんだん熱をため込み、それ自身が熱源となって室内に熱を放射し始めます。 これが夏の暑さの原因にもなる輻射熱(ふくしゃねつ)です。

夏場、外装材や屋根を触ってみると、思わず手を引っ込めるくらいに熱くなっています(通常、50度を超えると言われています)。家はこれらの熱源に包まれています。
熱源は赤外線!この赤外線は、アルミなどで反射することが出来ます。アルミで包むと電子レンジで温められないのは、アルミによりエネルギーが反射されるからです。
このように、放射熱エネルギーを反射するのが、遮熱です。
これを応用した遮熱建材は、アルミ層により赤外線を反射し、快適な室内環境に貢献します。

夏は日中も、日が落ちてからも涼しく過ごせます。
遮熱住宅はアルミの力を利用して熱をはね返すので屋根や壁に熱を溜め込みません。
そのため、日中だけでなく日が落ちてからも、より涼しく快適に過ごせます。
冬は魔法瓶のように熱を逃がさないので暖かく過ごせます。
一般的な住宅では室内の熱が徐々に外へ放射されますが、遮熱住宅では熱を逃がさないアルミの力を利用して魔法瓶のような状態を作り出すので、よりいっそう室内を暖かく保ちます。
詳しくはこちらのムービーをご覧ください。
音声が流れますのでボリュームにご注意下

輻射熱の反射率97%のアルミではね返します。
例えば、ペットボトルカバーのように輻射熱(赤外線)反射率97%のアルミを活用したタイベック®シルバーで熱をはね返します。タイベック® シルバーで壁や屋根の内側をくるむように施工すれば、お家全体で遮熱効果が発揮できます。
夏になると躯体や断熱材が熱をもち、室内へ輻射熱を放ちます。
これにより、室内での体感温度は高まります。

躯体や断熱材に熱が伝わる前にタイベック®シルバーが輻射熱を反射します。

デュポン社の技術力が高い遮断耐久性を実現しました。
デュポン™タイベック® シルバーは手にすると紙のように感じますが、実は不織布(織っていない布)です。繊維いっぽん一本にデュポン社の特殊技術でアルミを蒸着させ、なおかつアルミが極めて劣化しにくい加工をほどこしていますので、遮熱効果が長持ちする高い遮熱耐久性を実現しています。 ※国際特許出願中

実際よりも厳しい環境で、耐久性加速試験を行いました。温度63℃、湿度92%に設定し、蒸気をタイベック® シルバーと他社のアルミ保護コーティングの無い遮熱シートに1時間あてた後、比較しました。
秘密はデュポン社独自の樹脂コーティング
繊維にアルミ、アルミに樹脂をコーティング
アルミの劣化を抑えつつ、湿気を逃がすことを可能にする方法です。
フィルムとアルミに穴をあける方法は、湿気が抜けにくくなる、もしくは、強度が落ちてしまう傾向にあるため、デュポン社ではこの製法にこだわっています。

湿気を逃し、防水することが大切です。
住宅の寿命を縮める要因は、外からの雨や内側からの湿気が壁の内部にこもり、それが結露することです。
水分は断熱材の性能を低下させたり、木材を腐らせたりする可能性があります。
デュポン™タイベック® シルバーは、透湿・防水シートとして20年以上も実績のある素材の特性をそのまま受け継いでいます。
湿気を壁の中にとどめず、通気層と呼ぶ空気の通り道から逃がすので、結露を抑えます。
10年経っても安心の防水性
デュポン™タイベック® シルバーは、厳密な品質検査に基づいた10年保証を導入しています。施工後18年経ったデュポン™タイベック®を性能評価した結果、10年保証値の8kPaをはるかに超えた12.6kPaもの防水性を保っていました。

※築18年物件のリフォーム時に調査
※kPa(キロパスカル)は圧力を表す単位です。1kPaは、1m2の面積におよそ100kgの重さがかかっている状態を指します。

マクロホームは遮熱対策を積極的に採用している工務店として登録されています。



マクロホーム株式会社大阪