高気密高断熱 住宅 大阪 神戸

このページでは、当社の出来事や「家づくり」に関するお知らせ事項お得な情報や なんでもない日常の出来事 ぜ〜んぶまとめてUPします。
私の人柄や考え方にプライベートまで丸裸で発信します。
特にペットネタや映画ネタが好評みたいです。
毎日更新を目指していますが、たまに忙しくなると数日分まとめてUPしてしまいます。そこはご愛嬌(^^;)
弊社はハウスメーカーのような突然お客様の所に訪問したりする営業は致しません。
これまで建築頂いた方は、このHPを見てのお問い合わせとOB様のご紹介だけです。
ですから特にこれから家を建築する方へ向けて出来るだけ良い情報を発信したいと思います。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
エコ住宅 ブログランキング

ツイッター

ランキングに参加中です。更新の励みになりますのでワンクリックお願いします。
代表取締役 諸岡健二


上棟完了しました。(IN川西市)
5月1日




屋根の野地板を張り屋根屋さんがルーフィング工事も行いましたので無事建て方の終了です。

屋根が掛かると更に大きなお宅に見えます。(^^)

写真中は樹脂サッシの搬入風景です。今回はAPW430トリプル防犯の大きな窓が何枚もあり3人掛かりで運んでいました。(^^;)

APW330の真空トリプルガラスの採用は何度かありましたが、430は高価な為なかなか採用例がなく実は今回が初めてです。

弊社のウレタンパネル断熱でトリプルガラスを採用した場合にはUA値が0.3台となります。

今回は掃き出し窓が5枚とかなり多いのでどうかな?と思いましたが0.3台でした。

UA値は断熱材の種類と厚みはもちろんサッシの大きさや数(もちろんサッシ性能)によって変わりますので注意が必要です。

○○ハウスはUA値0.46と書いていてもご自身が建てる間取りによっては数値が異なります。

特にハウスメーカーが出している数値は意図的に窓を少なくしているか小さくしていそうな感じがします。

弊社のウレタンパネル断熱105ミリ+樹脂サッシWアルゴンガス仕様とグラスウール断熱+アルミ樹脂断熱でハウスメーカーのHPに掲載しているUA値がほぼ変わりません。(なんでかな?)


例えば掃き出し窓1箇所を壁に変えれば熱伝導率0.024の断熱材でしたらUA値が0.1くらい数値が改善します。

あとUA値の数値だけでなくグラスウールと異なりウレタンパネル吸水性が低いので壁内結露が起こりません。

長年の間を家中暖かくするには耐久性の面も考慮してから断熱材を決めて下さいね。



2020/05記事一覧

過去の記事



マクロホーム株式会社大阪