高気密高断熱 住宅 大阪 神戸

このページでは、当社の出来事や「家づくり」に関するお知らせ事項お得な情報や なんでもない日常の出来事 ぜ〜んぶまとめてUPします。
私の人柄や考え方にプライベートまで丸裸で発信します。
特にペットネタや映画ネタが好評みたいです。
毎日更新を目指していますが、たまに忙しくなると数日分まとめてUPしてしまいます。そこはご愛嬌(^^;)
弊社はハウスメーカーのような突然お客様の所に訪問したりする営業は致しません。
これまで建築頂いた方は、このHPを見てのお問い合わせとOB様のご紹介だけです。
ですから特にこれから家を建築する方へ向けて出来るだけ良い情報を発信したいと思います。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
エコ住宅 ブログランキング

ツイッター

ランキングに参加中です。更新の励みになりますのでワンクリックお願いします。
代表取締役 諸岡健二


小屋裏断熱材工事 2時間程度
12月20日



リフォームする古いお宅を見るたびに思うのですが、昔って建築する者の側からして建物の性能についてどういう意識だったのでしょう(^^;)

高度成長期でどんどん家を建ててれば売れる時代だったのでしょう。(父もそんな事言っていました。)

私の実家(築40年)もそうでしたが、天井裏に断熱材がない家が多い。

そうなるとしかも部屋が和仕様なので5ミリの天井板が室内と通気している小屋裏の最後の境界線になっているのです。

そりゃ冬はいくら暖房つけても寒いはずですし、光熱費が高いのは仕方ありません(><)

これまで断熱改修については何件もリフォームを行ってきましたが、一番簡単に出来るのがグラスウールを天井裏に設置する方法です。(今回の神戸市の現場写真)

それ以外にも効果を高めようとセルロースファイバー(紙)の小屋裏への吹き込みなどもあります。

あれっマクロホームさんは吸水性のある断熱材は使わないのでは・・・

新築では断熱材が選べますので耐久性(長年の経年劣化)の事を考えて使いませんが、リフォームでは・・・

現状の状態より少しでも快適にする事が重要ですので、寒さで我慢している昔世代の方にもコスパ重視してご提案しています。

今回のお宅もお母様のお部屋が2階なのでこの冬には暖かさを実感して頂けると思います。(^^)

できれば合わせて断熱に最も効果の高い内窓(インナーサッシ)の設置してもらいたかったですけど(^^;)

写真右は小屋裏に潜って断熱材を敷く父大工(^^)『天井板踏み外さないよう歩くのが大変』だそうです。
2015/12記事一覧

過去の記事



マクロホーム株式会社大阪