高気密高断熱 住宅 大阪 神戸

このページでは、当社の出来事や「家づくり」に関するお知らせ事項お得な情報や なんでもない日常の出来事 ぜ〜んぶまとめてUPします。
私の人柄や考え方にプライベートまで丸裸で発信します。
特にペットネタや映画ネタが好評みたいです。
毎日更新を目指していますが、たまに忙しくなると数日分まとめてUPしてしまいます。そこはご愛嬌(^^;)
弊社はハウスメーカーのような突然お客様の所に訪問したりする営業は致しません。
これまで建築頂いた方は、このHPを見てのお問い合わせとOB様のご紹介だけです。
ですから特にこれから家を建築する方へ向けて出来るだけ良い情報を発信したいと思います。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
エコ住宅 ブログランキング

ツイッター

ランキングに参加中です。更新の励みになりますのでワンクリックお願いします。
代表取締役 諸岡健二


ミュージカル キャバレー
3月31日




皆さんミュージカルっていかれた事ありますか?

映画は良く行きますがミュージカルは行った事がなくこの年になって初めての体験です(^^;)。

この話を常連のうどん屋さんのオーナーに話すとわしも60数年間生きてきて行った事ないと言っておりました。

1部と2部の休憩時間には女性トイレが長蛇の列だったのであまり男性には興味がないジャンルではないでしょうか。

さて初ミュージカル体験は、キャバレーです。出演者は藤原紀香・諸星和巳など私の同世代が主演。

実は光GENJIでローラースケートに乗っていた諸星君と私は同じ年なんです(^^;)

〜キャバレーのストーリー〜

ミュージカル史上に燦然と輝く、傑作中の傑作『キャバレー』

クリストファー・イシャーウッドの小説「ベルリン物語」とジョン・ヴァン・ドゥルーンの戯曲「私はカメラ」を原作に、 1966年に巨匠ハロルド・プリンスの手によってブロードウェイで初演され、その後、鬼才ボブ・フォッシー監督、 ライザ・ミネリ主演による1972年の映画版によって広く認知されたミュージカル『キャバレー』。

以来、ブロードウェイ、ロンドンのみならず、世界中で繰り返し上演され続けている、ミュージカル史上に燦然と輝く、 傑作中の傑作ミュージカルだ。

なかでも最も有名なのは、1993年にロンドンで鬼才サム・メンデス演出により上演され、 1998年にブロードウェイ入りし、絶賛を博したリバイバル版だろう。 1920年代、退廃と狂騒の街・ベルリン。

ナチス台頭前夜の不安と喧騒入り混じる時代を背景に、デカダンな香りあふれる キャバレー「キット・カット・クラブ」でのショーと、美しい歌姫サリーとアメリカ人作家クリフの刹那の恋。

サリーが下宿している宿の大家シュナイダー夫人とユダヤ人シュルツの悲しい恋。キット・カット・クラブではMCの下、 今日もにぎやかに猥雑にショーが続いていく・・・・。

劇中のキャバレー「キット・カット・クラブ」でのショーが物語の主筋と見事に連鎖し、もつれあいながら進んでいく、 他に類を見ないミュージカルだ。

普段休みを取っていない私は妻に無理やり誘われましたがたまの休暇で貴重な体験が出来ました(^^)

次回はだぶん初体験であろう父も連れて行ってあげたいなぁ〜
2012/03記事一覧

過去の記事



マクロホーム株式会社大阪